国産材へのこだわり

自然素材のこだわり

エコの森林管理

日本の気候に合った高機能素材、「国産材」

古くから、日本の建築には杉や桧が使われてきました。素材にこだわりを持たず外材を使用する建築も近年では多く見られますが、四季のある日本には、気温や湿度の変化あわせて室内を快適に調整し、建物自体を長持ちさせる機能は、国産材に優位性がある事は、古くからの木造建造物が現代もその姿を損なわれず残っている事実からもうなずけます。

森林管理

「エコ」という考え方

CO2削減が大きな課題となっている今日、CO2を吸収する山林の管理は非常に重要です。また、森林は「緑のダム」と言われるように、整備された山は土と木々の根に大きな保水力があります。しかし整備の行き届かない森林では木々の根が弱り、土砂が流出してダムとして機能しないばかりがか、土砂災害の危険も増して行きます。

国土の約40%が杉や桧の人工林である日本では、国産材を使用する事は環境においても大きな意義があると考えています。

木造家屋

材料へのこだわり

国産杉をメインに珪藻土や自然派の塗料にもこだわっています。 杉材の一番の特徴は 「呼吸する」といわれる調湿性、断熱性能及び温かみのある保温性で、森林浴効果やリラクゼーション効果もあります。

自然素材のこだわり
職人としてのこだわり
家づくりのこだわり